これぞギャップ萌え!!圧倒的甘さのラブストーリー『ハニー』
  • ハニー

これぞギャップ萌え!!圧倒的甘さのラブストーリー『ハニー』

この記事を書いた人

少年少女問わず漫画と旅が大好きなアラサー女子。特技は漫画喫茶で12時間ノンストップで読み続けること。好きな漫画は『花より男子』『フルーツバスケット』『鬼滅の刃』『ハイキュー』

「…え?」

「……。
だから、結婚を前提にお付き合いして下さいって言ってんだよ」

(引用元:ハニー/目黒あむ/第1巻)

甘い…

可愛い…

尊い…

そんな、読んで幸せにしかならない少女漫画。

たまにはいかがでしょうか?

特に、見た目怖いのに実は優しい系ギャップに弱い方は、キュンキュンしすぎて胸が痛くなるでしょう。

かくいう私も、しばらく胸痛に悶えて床をバンバン叩いていました(笑)

基本的にいい人しか出てこない幸せな漫画ですが、ストーリーがあり、しっかり感情移入も出来る良作です。

最近大人の恋ばかりのみなさん、少しこの作品で休んでいかれてはどうでしょうか。

読み終わったあとには、あの頃のピュアな自分を取り戻しているかも…?

(出典:ハニー(1):目黒あむ)

『ハニー』の概要

『ハニー』は別冊マーガレットで2012年〜2015年にかけて連載されており、単行本は8巻完結済。

作者は目黒あむ先生で、「全国書店員が選んだおすすめコミック2014」のランキングで7位にランクインしています。

同作品は無駄がなく、変な寄り道もなく、ただひたすら高校生の純愛ストーリーを描いている漫画なので、頭を使わずさらっと読めてしまいます。

そして絵がふわふわしていてとても可愛い!

女の子も男の子もみんな可愛い!!

全員が総力をあげて母性本能をくすぐってくるので注意です……。

『ハニー』のあらすじ

当時中学生だった小暮 奈緒(こぐれ なお)は、道端に座ってぐったりしている傷だらけの不良を見かけます。

土砂降りの雨の中。

面倒なことには関わりたくない、平穏に暮らしていたいと強く思う奈緒は、傘と絆創膏をそっと置いて立ち去るのでした。

そして月日は流れ、高校に入学して2週間が経った頃…。

隣のクラスで不良として怖がられている鬼瀬大雅(おにせ たいが)から突然の呼び出しがかかります。

入学式の日、理由もなく上級生を殴り倒して停学になったと噂の不良が何故私に?!と混乱しながら着いていくと、大きな花束を渡されて結婚を前提とした交際の申し込みをされるのでした(笑)

もちろん答えはノーのはずでしたが、あまりの怖さに思わずイエスと口走ってしまい、2人の交際がスタートします。

しかし鬼瀬の意外な一面を見るにつれて奈緒の気持ちに変化が起こり…?

ピュア×ピュアの透明感半端ない恋が胸キュンの嵐を巻き起こします!!!

鬼瀬大雅のギャップの魅力

怖い噂ばかりで目つきも悪く、周りからも不良として敬遠されている鬼瀬大雅。

でも、本当の彼は全然違うんです!!!

本当は近所のおじいちゃんとかに可愛いがられてそうな健気でピュアな男の子なんです!!!

最悪な第一印象から怒涛の巻き返しをはかってくる彼がギャップ萌え女子達を虜にします。 総ナメです。

私はギャップ大好物人間なので、何度彼に悶えさせられたことか…。

今回はそんな彼の魅力を少しだけご紹介します!

◆料理男子

付き合って次の日、一緒にお昼食べようと鬼瀬に誘われる奈緒でしたが、またしても怖すぎて断れず(笑)

学食へ行くのかと思いきや、弁当作ってきたから外で食べようとの事。

彼の作ったお弁当は、ハートの形の卵焼きにタコさんウィンナー…!!

見た目は怖いのに、今すぐにでも結婚したいほどの女子力の持ち主でした。

◆停学の理由

入学式初日に上級生を殴った理由。

それはなんと、「亀をいじめてたから。」

文句を言ったら殴りかかって来たから致し方なく…とのこと。

浦島太郎か!!!

浦島太郎なのか!!!?

殴られそうで怖いと口を滑らせた奈緒に鬼瀬は、頬を赤らめながら、、

「理由もなく人の事殴ったりしないから

…それに

あんたは俺の…す、好きな子だし…」
(引用元:ハニー/目黒あむ/第1巻)

ハイ可愛いーー!!!!!(拍手)

◆振られた時も…

鬼瀬が怖い人じゃないと分かった奈緒でしたが、実は好きな人がいたのです。

自分は最低なことをしてると気づいた奈緒は、怖くて付き合ったという事と、好きな人がいるということを正直に打ち明けることにしました。

すると鬼瀬は…

「あんたが
俺の事怖くて断れなかったって言うのは
わかってた。

わかってたけど
俺はあんたと一緒にいたかったから
黙ってたし
怖がってるのに気づかないフリをして
勝手に幸せもらってたから

だから
これでおあいこな」
(引用元:ハニー/目黒あむ/第1巻)

こんなこと言える子が悪い子なわけないですよ!!!

その切なそうな笑顔が完璧です(合掌)

『ハニー』で心のひと休み

ただひたすらに純粋で真っ直ぐに人を好きになること。

大人になると忘れがちですよね。

私自身も、離婚を経験し上手く恋が出来なくなって悩んでいた頃、恋をすることってこんなに単純で綺麗なことだったんだなとこの漫画は思い出させてくれました。

「私だって大変なのに」「こんなにやってあげてるのに」などではなく、まず一番に相手の幸せを祈っていること。

この2人を見ると、そんな初歩的な恋愛の原則を忘れがちだったことに気付かされました。

みなさんも一旦心をクリアにして、『ハニー』でひと休みされてはいかがですか?

今回紹介した作品はこちら

この記事についてるタグ