素直な気持ちを言えない時の処方箋「オネエな彼氏とボーイッシュ彼女」
  • オネエな彼氏とボーイッシュ彼女

素直な気持ちを言えない時の処方箋「オネエな彼氏とボーイッシュ彼女」

この記事を書いた人

たかれん

子どもの頃に中学生の女の子がアイドルになるコミックを読んで漫画の世界に一目惚れ。恋愛/感動/ギャグ/グルメ/癒し/動物など、ジャンル問わず読む“雑食系”です。特に青春系感動ストーリーは爆泣きします。少女・少年・女性・青年漫画どれも読みますが、作画がキレイなもの、ストーリーが深いものが好みです。年間1000冊以上読む中でも選りすぐりのものをご紹介します。

最近、建前ばかりを気にして、本心が言えなくなっている……。

自分の気持ちを抑え込んでばかりいる気がする……。

仕事でも恋愛でも、素直な気持ちを伝えられないというのは、つらいものです。

職場や学校では、そうしなければいけない、仕方のない場面もあるのかもしれないけれど、せめてプライベートでは、無理に感情を封じ込めることなく、リラックスしていたいですよね。

でも実際には、プライベートのほうが、素直な気持ちを伝えるのは難しいのではないでしょうか。

「嫌われたくない」「自分らしくないって思われるかも」とあれこれ考えて、しんどい時でも元気に振舞ったり、イヤなことがあってもぐっと我慢したり。誰しもそういう経験があるかと思います。

そこで今回は、お互いに気持ちを伝え合うことを大切にしながら、「自分らしさ」を尊重し合っているカップルが登場する漫画『オネエな彼氏とボーイッシュ彼女』をご紹介します。

この漫画を読んだ後には、きっと今よりちょっと素直になったあなたがいるはずですよ。

(出典:オネエな彼氏とボーイッシュ彼女(1):コガシロウ)

『オネエな彼氏とボーイッシュ彼女』作品情報

すてきなカップルを紹介する前に、まずは本書がどんな作品なのかをまとめました。

あらすじ

“男は男らしく 女は女らしく”

そんな言葉は、もう一昔前のもの。

本書のヒロイン・長谷川のぶ子は、男勝りで大ざっぱなボーイッシュ女子。

そしてその恋人・ちよこと近藤千代彦は、一見すると長身で”男らしい男”ですが、実際はかわいいものや洋服が好きで、料理や裁縫も上手なオネエ男子。

そんな二人の日常を描くのが、この『オネエな彼氏とボーイッシュ彼女』です。

ちょっぴり甘えん坊ののぶ子と、面倒見が良くていつも優しいちよは、まさにお似合いのカップル。

そんな二人と、二人を囲むたくさんの魅力的な人たちの日々を、ちょっとだけ覗かせてもらいましょう。

どこまでも”自分らしい”キャラクターたち

これは、本書中でのとあるワンシーン。

「ごめん!おくれて」
「大丈夫よ 私も 今 来たとこ」「それじゃあ 行きましょうか …ハイ!」
「ん?」
「手 つなぎましょ♡」
「つ つながないよ!」

引用元:コガシロウ『オネエな彼氏とボーイッシュ彼女』,集英社ホームコミックス,2015年 p14

ある男女がデートの待ち合わせをしているシーンなのですが、一見すると、最初の「ごめん!おくれて」を言っているのは男性のほうですよね。

しかし、のぶ子とちよのカップルは違います。

ちよが「手 つなぎましょ」と可愛らしく誘い、のぶ子が「つ つながないよ!」とたじろぐのです。

そんなのぶ子とちよは、周りから「バカップル」と言われるほどのラブラブぶり。

のぶ子は、友達から”好きなんだね~ 彼のこと”とすこしからかわれただけで真っ赤になって恥ずかしがるし、

ちよは、ちょっと喧嘩しただけで一日中テンションが落ち込んで、職場でいつもはしないミスをしてしまうほど動揺します。

気持ちをしまいこんでいるあなたへ

どこまでも自分らしさの光るのぶ子とちよだけど、そんな彼女たちも、自信満々でいるわけではありません。

例えばのぶ子は、大学の友人・ナオミに「イケメンだし優しい人じゃない 彼氏さん」と言われた時、こんな不安を吐露しています。

「…変だって思わない?」
「何が?」
「……あたし達が つ 付き合ってる とか…」

「あたしも こんなん だし…その…」

「普通の人たちとちょっと ちがう…というか」

(引用元:同書 pp42,43)

のぶ子は、すこし大ざっぱで明朗快活な女の子。

一見すると、いつも笑顔で過ごしているようですが、決して不安がないわけではないのです。

悩みや不安を抱えた時には、友達や彼氏に相談し、アドバイスをもらう。だから、彼女は毎日笑顔でいられるのだと思います。

誰かと長く一緒にいようと思ったら、思ったことを常に表現するのは難しいでしょう。

相手に遠慮して伝えられなかったり、うまく言葉にならなくて誤解を生んだり。

「もういっそ、本当のことを知ってもらおうなんて、しないほうがいいのかも」と諦めたくなる時もあると思います。

でもそんな時こそ、のぶ子のように、素直に気持ちを吐き出してみてください。

きっと彼女のような、すてきな笑顔になれるはず。

まとめ

今回は、ボーイッシュで男勝りなヒロイン・のぶ子と、女性よりも女性らしいのぶ子の彼氏・ちよの日々を描いた漫画『オネエな彼氏とボーイッシュ彼女』をご紹介しました!

胸キュンあり、コメディあり、読み終えた時にはすこしあたたかい気持ちになれる本作は、ちょっと最近疲れ気味、なんとなく癒されたい、と思っている方におすすめです。

著者のコガシロウさんも、第1巻の袖にて ”このお話考えてると なんだか自分も心が穏やかな気持ちになって 描いている気がします” と述べています。

今回紹介した作品はこちら

この記事についてるタグ