俺様VS王子様!皆が「花より男子」に夢中になる7つの理由!
  • 花より男子

俺様VS王子様!皆が「花より男子」に夢中になる7つの理由!

この記事を書いた人

TAMAKI

マンガ・アニメ・声優が大好きなオタク女子。気になった作品は大人買いがモットー。休日はマンガを読んだり録り溜めたアニメを見て過ごしてます。『らんま1/2』と『花より男子』がバイブルの平成産まれのゆとり世代です。

明日は待ちに待ったお休みの日!
久しぶりに何も予定が無いし自分だけの時間を過ごしたい。
そんなときは家に引きこもってマンガを読みふけってみせんか?

今回は仕事に熱中して最近キュンとしていない大人女子にこそ読んで欲しい、一度読み出すと止まらない愛され続ける名作『花より男子』の魅力をお伝えします。

「花男ってドラマなら見たことがあるけど、、、」「マンガって結構古めの絵柄じゃない?」と思っている人は今がハマるチャンスです!

作品情報

『花より男子』はお金持ちが通う名門「英徳学園」を舞台に、学園のスター「F4」のリーダー、道明寺司、そしてド庶民のヒロイン、牧野つくしが繰り広げる純愛ラブコメディです。

原作マンガは全37巻で完結済み。

F4はもちろん、たくさんの人を巻き込みながら描かれる司とつくしの恋愛模様は何年経っても色あせないドキドキ感と切なさがあります。

マーガレットで1992年から2004年まで連載されていたマンガで、約12年という長い時間をかけて2人の様子が描かれています。

全37巻、12年もの期間が詰まった濃密なお話は他にはない魅力がつまりファンも多いことでしょう。

2005年には実写ドラマ化もされ、劇場版も制作された大ヒット作品です。

(出典:花より男子(1):神尾葉子)

こんな人に読んで欲しい!大人女子に刺さる花男の7つの魅力

完結しているマンガで、しかも37巻と巻数が多いものってどうしても読むことを敬遠してしまいますが、次のような人は1巻だけでも良いのでまずは読んでみてください。

学園ものは大人だと共感できなさそう

完結してるマンガはワクワク感が半減しそう

巻数が多いから読みきれるか心配

絵が古いから好みじゃない

ドラマで見たことがあるから内容を知ってる

一度読み始めると止まらなくってきっと、続きが気になってどんどん読めてしまいます。
土日なんて一瞬で終わります!

私もこんな体験をしたうちの一人です。

社会人になってからも何度も読み直している『花より男子』の魅力を私なりに7つにまとめました。

1.非日常だからこそ面白い!憧れの上流階級の世界を味わえる

『花より男子』の舞台は上流階級のお金持ちだけが通うことができる英徳学園。

ありえないぐらいの桁外れのお金持ちばかりなので読んでいても「いいなぁ、、、」と思う場面がいくつもあります。

社会人だから学園ものを敬遠しているという人にこそ、読んで欲しい作品です。

自分の経験してきた学園生活とは全く違う世界観は普段の私生活とは切り離して読むことができます。

そして、学園ものとは言いつつも後半はほとんど学校に行く描写がないので、どちらかと言うとファンタジーだと思ったほうが良いかもしれません。

非日常の世界にどっぷり浸かることができるのが魅力です。

2.F4に惚れない女子はいない!イケメンもたくさん登場

学園のスターF4は言わずと知れたイケメン揃いで、それぞれの個性もかなり強いのが特長です。

強引な俺様系の道明寺司、クール系王子様の花沢類、茶道の家元後継者のムードメーカー西門総二郎、優しさ溢れる年上キラー美作あきら、とバリエーションも豊富なイケメンが物語の鍵を握ります。

F4だけでなく、つくしを助けるイケメン、道明寺のライバル(?)になるイケメンなど、とにかくイケメンがたくさん登場します。

読んでいくと絶対に一人はあなたの好みのイケメンが見つかるはずです。

3.道明寺の熱い気持ちに何度もキュン♡

『花より男子』の見どころと言えばやっぱり道明寺司のつくしへの熱い恋心です。

一途に思う気持ちは歴代少女漫画界でも1.2を争うと言えるのではないでしょうか?

どんなに阻まれても困難な状況でもつくしを一番に思い行動する姿に何度も何度もキュンとします。

花男あるあると言えば、学生の頃に読んだ時は花沢類が好きだったけど、大人になってから読むと道明寺が好きになる!という現象です。

大人になったからこそわかる道明寺の気持ちと行動に心が動くこと間違いありません。

4.道明寺司VS花沢類のライバル?関係にドキドキ

少女マンガでは鉄板の三角関係も『花より男子』では何度も起こるイベントのようなもの。

中でも全巻通しての道明寺司と花沢類のライバルとも言える関係は必見です。

つくしは誰が好きなの?類はつくしが好きなの?誰と誰が両思いなの?とドキドキしながら読み進められます。

最後にはつくしが誰とくっつくのか、そもそも誰かとくっつくのか、気になる人はぜひ全巻一気読みをおすすめします。

5.切ないシーンはとことん泣ける!どん底を見れる作品

『花より男子』の最大の魅力はその切なさです。

道明寺司は世界でもトップクラスのお金持ちで学園のリーダーでイケメンという立場から様々なトラブルに巻き込まれます。

道明寺とつくしの関係を壊す問題が発生したり、お互いを思うからこそ離れる決断をしたりと心が苦しくなるようなどん底とも言える切ないシーンがたくさんあります。

このもどかしさと悲しさにいつの間にか感情移入して涙すること間違いなしです!

6.レトロな世界観が逆にハマる!

連載されたのが1992年〜ということもあり、服装や使っている物や言葉は時代を感じるものも多いです。

これが意外にハマります!

読み進めているとファッションがどんどん現代に近づいていくのも見どころの1つです。

絵柄が古いからという理由で読むのを避けている人はぜひ7巻まで読んでみてください。

花沢類が髪型を変えるシーンでハッとするはずです。

7.原作だからこその細かい描き方がすごい!

ドラマや映画を見たからもう結末を知っているという人もマンガを読めばより濃厚な花男ワールドにハマること間違いなしです。

ドラマではギュッと短縮されていた部分もマンガでは細かく描かれていて、心理描写や行動に見どころが詰まっています。

正直、ドラマを見ているだけでは想像を絶するぐらいの切なさとキュンが詰まっているので知っているからこそどんどん読んでしまうという状態に。

お気に入りのキャラクターの知らなかった部分を見ることができるかもしれません。

まとめ

大人女子の私が激推しする『花より男子』の魅力をご紹介しました。

私のおすすめはなんと言っても全巻一気読みです。

一度読み始めると続きが気になってしまうので、すぐに読めるよう予め準備しておくのがベストです。

完結後も愛され続ける名作には理由があります!

あなたも『花より男子』の魅力にハマってください!

今回紹介した作品はこちら

この記事についてるタグ